オリーブの記念の日を祝して おめでとうございます!

今日は 私達のオリーブのピクアル種を記念としたお祝いの日です。


世界オリーブデーに、当社においても、オリーブの一種である ピクアル種を、称え、お祝いをしたいと思います。この種が 私達のオリーブ園である“フエンサンティーヤ そして”カルロタにおいて 栽培しているオリーブの種類です。

グリーンゴールドオリーブオイルカンパニーのオリーブの木

ピクアル種は オリーブの生産地として有名な ハエン,また アンダルシア地方において もっとも 主に収穫されるオリーブの種類です。(この地方において 100万エクタールほどで栽培されています。)

ピクアル種について、そして なぜ 称えたいのかというその理由についてのご説明

ピクアル種のオリーブの木は、寒さに強く、様々な地と天候に対応します。

この種のオリーブの成長は 早く、オリーブは比較的容易に取れ、収穫を円滑におこなうことが可能となります。

冷却方法の機械的な技法により収穫されたオリーブオイルは、 私達の身体によい効用を及ぼす、オレイン酸(一価不飽和脂肪酸)を豊富に含みます。 多価不飽和があまり含まれないという特性が、人間の身体によいとされ、自然からの真の贈り物であり、私達の身体にとってよりよい状態を保つことに貢献します。

エクストラヴァージンオリーブオイルのピクアル種は 1パーセント未満の酸を含み、熱と接触しないため、その特性は100パーセント保たれます。

エクストラヴァージンオリーブオイルの特性については、弊社のウェブサイトをご覧ください。詳しく お知りになりたい方々は 次のリンクでご覧いただくことができます。

ヴァージンオリーブオイルの効能

ピクアル種のオリーブは なぜ身体によいのでしょうか?

ピクアル種は くちばしの形をした果物です。このオリーブの種類は、(オリーブの木)は レペレーニョ、ネバディーリョ、マルテーニョとしても知られています。

先月の10月に行われた収穫の際に、撮影されましたこの写真でご覧になれるように、表面の色は、深い緑を現し、裏は 灰色に近い緑です。

グリーンゴールドオリーブオイルカンパニーのオリーブ園で栽培されるオリーブ

どのような点において、ピクアル種は 他の種類のオリーブと異なるのでしょうか?

ピクアル種のオリーブを試飲されると、本物の パーソナリティを多く含んだオリーブの味を感じるでしょう。

それは、草 やわらかな フルーツの風味と共に、辛味が寄り添った メロディーともいえます。そして オリーブが、初摘みのものであればある程、草の味は より鮮明となり、薫り、そして味のフュージョンは、草、トマト風味、及び、オリーブの葉、それらが 協奏した踊りの王となるでしょう。

Brindis Aceite de Oliva Cosecha Temprana GGOOCo
オリーブが私達に もたらしてくれるオリーブオイルでこの日を祝うことができることを誇りにおもいます。
乾杯に用いているオリーブオイルは限定品、初摘みのOh!です。

お客様方は Oh!をどのように 楽しんでいただけるでしょうか?

スペインワイン&グルメフェア

東京におけるグルメフェアの忘れられない思い出

10月29日及び30日に スペインワイングルメフェアに参加致しました。 この見本市に参加することにより、多くの方々におめにかかれることが出来ました。多くの良い出来事がありまして、これからの当社の製品を 日本のより多くの方々知っていただく為の機会に結びつきそうな出会いが多くありました。   当社スタッフ一同からの お礼と感謝をこめて、この短い記事にしたためていきたいと思います。 まずは 開催を主催された ICEXと東京にある スペイン大使館商務部の御関係者の皆さま、そして ブースに足をはこばれて、弊社代表取締役と会計部長との面談にいらしてくださった方々、グリーンゴールドオリーブオイルカンパニーが、地中海文化の本質と価値をこめて 丹精に作り上げた製品を試飲してくださった方々すべてにこの場をおかりして、御礼いたします。

この場をおかりして、 日本オリーブオイル協会の代表理事の多田俊哉様に 御礼を申し上げます。(オリーブオイルのソムリエでおられ、日本オリーブ協会の代表理事。) 当社のエクストラヴァージンオリーブオイルを より多くの日本のお客様の皆さまにご紹介いただくことに、ご協力をいただきました。   日本オリーブオイル協会の協賛による オリーブオイルショーが、2020年の7月に 池袋でOLIVE JAPAN SHOW(オリーブマーケットin池袋)で開催されます。 世界中からのより優れたオリーブオイルの会社各社が参加する祭典です。 当社も参加を希望しています。
杉崎 宏さんが当社のブースに来店してくださいました。
杉崎 宏さんが当社のブースに来店してくださいました。   レ コウルを率いておられる杉崎さん、インスタグラムコンセルジェ及び、当社の初摘みのエクストラヴァージンオリーブオイルに関して、話しあいました。   また 2020年の東京オリンピック関連のプロジェクトについて 話し合い、様々な国際の委員会における オリーブオイルの紹介の可能性について、 語り合いました。
シェフである佐田 達也氏との会話も 思い出深いものとなりました。

当社の エクストラヴァージンオリーブオイルを日本の皆様に 試飲していただくだけではなく、 スタッフも 渡辺ひと美さんのレストランにおいて、弊社の初摘みオイルを使用していただき、数々の美味のお料理をいただきました。

渡辺ひと美さんは、伝統的な日本料理の進化に尽力する、最も影響力のあるシェフの一人です。

彼女がオーナーを務めるレストランにおいて、ひと美さん、料理長、料理スタッフの方々により、弊社の エクストラヴァージンオリーブオイルを使用した様々なお料理を いただきました。

斬新な 創作料理により、オリーブオイルのフレーバーを組み合わせ、伝統的な料理のバランスを守ります。

ひと美さんと共に 過ごした時間、美食の数々について、もう少しご説明させてください。

料理人でもおられる 渡辺ひと美さんは  自らも厨房にたち、エクストラヴァージンオリーブオイルのもつ風味、味、薫りを生かしながら、日本料理の持つ固有の素晴らしさを引き出しつつ、 両者の良い面を際立てたお料理の数々を創作してくださいました。

渡辺ひと美さんは、伝統的な日本料理の進化に尽力する、最も影響力のあるシェフの一人です。

彼女がオーナーを務めるレストランにおいて、ひと美さん、料理長、料理スタッフの方々により、弊社の エクストラヴァージンオリーブオイルを使用した様々なお料理を いただきました。

斬新な 創作料理により、オリーブオイルのフレーバーを組み合わせ、伝統的な料理のバランスを守ります。

地中海のエッセンスを加えた、日本伝統のお料理を堪能しました。 (左より、小西 淳一さん、関 直美、ホアンヒメネス、渡辺ひと美さん、ロレンソ ヒメネス)

多くの方々との出会いがあり、有意義な意見交換の場となりました。 次から まとめとして 数々の写真をご紹介します。

今回のフェアで通訳 及び営業を担当してくださった片山 真美子さんのご協力に御礼を申し上げます。

通訳として参加してくださった片山 真美子さん
通訳として参加してくださった片山 真美子さん

2日間にわたって行われたフェアに関しての片山さんの感想をご覧ください。

10月29日 一週間前に搾油した 早摘みのエクストラヴァージンオリーブオイルに人気が集中。 既に世界各地のオリーブオイルを扱っておられる業者の方々も 当社のオイルの独特な若草色のグリーン色に引き寄せられ、試食。 摘みたてフレッシュな香りに好印象。 レストラン関係のシェフの方々は 料理方法等もご提案頂きました。 片山 真美子さん投稿 10月30日 オリーブ油を扱っていない業者の方々にも、興味をもってご試飲頂きました。 フェア開催中、特に 白ラベルの エクストラヴァージンオリーブオイル 早摘み限定品に関しては ご購入のお問い合わせが多く、対応しきれない方々がおられました。 近日中には 再度ご連絡をさしあげ、お届け可能な状況をお知らせします。 片山 真美子さん投稿  

  日本市場の皆様方にお目にかかれるのは、光栄なことです。    日本に来る度に、その都度、学ぶことが多くあります。   弊社の 高品質の商品をお届けするべく、日々努力していくつもりです。 今後とも よろしくお願いします。